ファーストシューズにおすすめの靴3選!しっかりした靴底と足首の固定で、赤ちゃんの足の成長をサポート。

こんにちは、ののです。

子どもが歩くようになるとあわてて探しはじめるのが、ファーストシューズ。

のの

でも種類がたくさんあって、どれを選べばいいのかわからない!

今回は、そんなファーストシューズ選びをサポートすべく、おすすめのシューズを3つ紹介します。

これから我が子のシューズを探そうという方の、参考になればうれしいです。

こんな人におすすめ

  • ファーストシューズの選び方がわからない
  • 赤ちゃんの成長を支える靴を選びたい
のの

では、紹介していきます。

目次

赤ちゃんの靴選びが大切な理由

そもそもなぜおすすめの靴を紹介しているかというと、赤ちゃんの靴選びは成長発達の面で非常に重要だから。

のの

服は安いものでもいいけど、靴だけはこだわって選んでほしい!

私自身、このことを知ったのは数ヶ月前。

柔道整復師として接骨院で働く夫がインソールについて講習を受けてきて、体の発達をサポートするものとして靴選びがいかに大切かというのを教えてくれたのです。

フォームソティックス・メディカル取扱認定講習会を受講。

>>自分専用の矯正用インソール「フォームソティックス・メディカル」

合わない靴や足をサポートできない靴を履いていると、成長していったときに体の不具合を訴えるようになるんだとか。

体の成長発達という面で見て「この靴なら大丈夫!」という靴は、現時点で3種類。

足について専門的な知識をもち治療にあたっているあしか協会(夫が講習を受けた協会)がおすすめする赤ちゃんの靴と、その理由について見ていきます。

ファーストシューズを選ぶ基準

はじめに、ファーストシューズを選ぶ基準を紹介します。

ファーストシューズを選ぶ基準

  • 靴底(かかと部分)がしっかりしている
  • 足首が固定される
  • 履かせやすい

靴底(かかと部分)がしっかりしている

歩きはじめてまもない赤ちゃん。

土踏まずもまだほとんどなく、安定して歩くことも難しい状態です。

そんな赤ちゃんの足を支えるために、ファーストシューズは靴底がしっかりしていることが必須です。

のの

とくに大切なのは、かかと部分がしっかりしていることだそう。

1,000円〜2,000円くらいで手に入るファーストシューズを見ると、どれも靴底が薄くペラペラ。

土踏まずが形成され、体全体が成長していく過程において、靴底(かかと部分)がしっかりしていることは外せない条件です。

足首が固定される

2つ目の条件は、足首がしっかり固定されること。

歩きはじめの赤ちゃんの足は不安定で、地面に垂直に立つのが難しい状態です。

そのため、足首まわりをしっかりホールドしてくれる構造の靴がファーストシューズに向いていると言えます。

履かせやすい

ファーストシューズを履く時期は、おおよそ1歳〜2歳くらい。

なかなか自分で履くことも難しい時期なので、できるだけ履きやすい靴を選ぶことが大切です。

甲の部分をとめるベルトが大きく開き、足を入れやすいものを選びましょう。

最初は親が履かせることが多いかもしれませんが、のちのち自分で履きたい!という気持ちが出てきたときにもスムーズに履くことができます。

のの

以上、ファーストシューズを選ぶときの3つの基準をお伝えしました。

ファーストシューズを選ぶ基準

  • 靴底(かかと部分)がしっかりしている
  • 足首が固定される
  • 履かせやすい

子どもの靴はお下がりNG。

ここまでファーストシューズを選ぶ基準を紹介してきましたが、子どもの靴で疑問に思うのが「お下がり」を使ってもいいかどうか。

のの

結論を言うと、お下がりは使わないほうがいいです。

靴は、履いているうちにその人の足の形や歩くクセに合わせて変形していくもの。

まだ未発達な赤ちゃんが他の人のクセがついた靴を使ってしまうと、発達に支障が出ることも。

我が家でも服はメルカリで買った中古品やお下がりをよく使っていますが、靴だけは新品を購入するようにしています。

たった数ヶ月でサイズアウトすることも多く、そのたびに少ししか履いていない靴を捨てるのはもったいない!という気持ちにもなることもありますが…

「息子の将来のため」と思って潔く手放し、また新しく購入しています。

のの

ここからは、おすすめの靴を紹介していきます。

ファーストシューズにおすすめの靴3選

先ほど紹介した3つの条件を満たし、かつ足について専門的な知識をもつあしか協会がおすすめしているシューズを3種類紹介します。

ファーストシューズにおすすめの靴

  • アシックス  アイダホBABY
  • ニューバランス 996
  • ニューバランス 313

この3つはどれも赤ちゃんの足の発達を正しくサポートしてくれる靴だそう。

のの

1つずつ紹介していきます。

アシックス  アイダホBABY

約1歳から3歳の幼児向けに展開する「BABY」シリーズのローカットシューズ。かかとの安定性を重視し、かかとを包み込む立体的な中敷を採用しています。扇形のつま先部分は足ゆびをのびのびと動かすことができ、踏ん張りやすいのが特徴。

出典:アシックス公式HP https://www.asics.com/

ファーストシューズに欠かせないかかとの安定性を重視したアシックスのアイダホbaby。

つま先部分にもゆとりがあり、踏ん張りやすいのも◎。

ベルトは2本ついていて、甲の部分が大きく開くので足の出し入れも簡単です。

ニューバランス 996

ニューバランスの人気モデルを子ども用にアップデートされたものです。

かかと部分にCR(カウンタリーインフォーサー)を搭載し安定性を向上するとともに、クッション性と屈曲性を高めたソールを使用しています。

最近デザインに変更がありました。最新モデルはベルト部分に「new balance 」のロゴが入っています

こちらはかかと部分やソールがしっかりしているだけでなく、ベルトが1つなのに大きく開くので、とても履きやすい(履かせやすい)。

シンプルなカラー展開で、服装を選ばす合わせやすいのもうれしいポイントです。

ニューバランス 313

子どもの足の成長をサポートする機能を満載した人気のINFANTモデル「IO313」から登場したのがこちらのモデル。

フィット調整しやすい折り返しタイプの面ファスナー、踵部を包み込み安定した歩行を支えるCR一体型シャンク、心地よいクッション性を発揮するC-CAPミッドソールを採用しています。

のの

かかと部には、反射材による名前入れスペースもあります。

996と比べるとカラフルでポップなカラーが多く、「子ども靴はかわいいカラーのものがいい!」という方におすすめのシューズです。

おすすめの靴は3種類。赤ちゃんの足の成長をサポートする靴を選ぼう。

以上、赤ちゃんの足の成長発達をしっかりサポートするおすすめのファーストシューズを3つ紹介しました。

ファーストシューズにおすすめの靴

  • アシックス  アイダホBABY
  • ニューバランス 996
  • ニューバランス 313

この3種類は、どれもファーストシューズに欠かせない条件を満たしているものばかり。

のの

あとは好みに合わせて選ぶだけ!

カラーやベルトの数(1本か2本)など、好みに合わせてお気に入りのものを購入してみてください。

価格はどれも4,000円〜5,000円前後です。Saleをしていると、3,000円台で手に入ることもあります。

のの

最後に、実際に購入して使ってみた感想を紹介します。

New Balance 996を購入したレビュー&口コミ。

3種類の中からどれにしようかな~と悩んだ結果、我が家ではニューバランス996を購入することに。

のの

決め手はベーシックなカラーとベルトが1本で履きやすそうだったこと、セールで安く手に入る時期だったことです。

New Balance 996

実際に使ってみた(履いたのは息子ですが笑)感想を紹介したいと思います。

New Balance 996の使用レビュー

  • 歩き方が安定した
  • とても履きやすい(履かせやすい)
  • シンプルなデザインが◎

歩き方が安定した

かかと部分や靴底がしっかりしていて、歩くときにかなり安定感があります。

実は、このNew Balance996を購入する前に、イフミーという別のファーストシューズを購入して使っていまして…

そのときはまだ夫が靴やインソールについての講習を受ける前で、一応足の発達をフォローするメーカーを選んだのですが

こちらがイフミー(IFME)のシューズ。ハイカットで足首をホールドしてくれる。

イフミーの靴より、New Balanceの靴のほうが靴底に柔軟性があるからか、転ぶ回数がかなり減りました。

(単純に歩くのが上達したこともあるかもしれませんが)

New Balanceの靴はつま先にゆとりがあるのが、履かせていてもよくわかります。

毎日散歩にいくうちに、ついに走り出すようになりました(1歳4ヶ月)。

靴が届いた日。家の中で履く練習をしてみた。

とても履きやすい(履かせやすい)

これが一番驚いたのですが、とにかく履きやすい履かせやすい…!!

ベルトが1枚で、甲のところが全部がぱっと開くので、足をスッと入れることができるのです。

足の甲をおさえる部分にマジックテープがついているので、ベルトを1つ、びりびりっとはがすだけで大きく開く…!

アシックスではなくNew Balanceを選んだ決め手は、その履きやすさでした。

今はまだ子どもの力ではマジックテープをはがすのが難しいようですが、自分ではがそうとするようになってきています。

のの

いずれ一人で履こうとするときにも、スムーズに履けるのではないかと思っています。

シンプルなデザインが◎

New Balance996と313の主な違いは、カラー展開。

カラフルなカラーが多い313に比べて、996はブラックやグレー、ネイビーなどのシンプルなカラーが多め。

一番最初に購入したのは、こちらのグレー。

のの

シンプルなカラーでどんな服装にも合わせやすいのがうれしい。

その後、保育園の入園準備をするにあたりもう一足必要だということで、ネイビーを購入。

左手に握っているのは石です。最近石を見つけては、握ったまま散歩するのがブーム。
のの

ネイビーもかわいい!

汚れが目立ちにくいネイビーは、保育園で外遊びをするときに使うことにしました。

のの

以上が実際にNew Balance 996を購入してみた感想です!

New Balance 996使用レビューまとめ

  • 歩き方が安定した
  • とても履きやすい(履かせやすい)
  • シンプルなデザインが◎

デメリットはとくに感じませんでしたが、強いて言うなら価格がそれなりにすること(Amazonで3,500円ほどで購入)くらいでしょうか。

のの

子どもの発達を思うと、必要な出費だと思っています。

足の成長は、子どもの人生を支える。ファーストシューズは慎重に選んで!

服や育児グッズは中古やお下がりも使っている我が家ですが、靴だけはちゃんとしたものを新品で購入することにしています。

その理由は、足の健やかな成長発達が、その後の長い人生を生きていく体の基盤になるから。

のの

大人でも、合わない靴や底の薄い靴を履いているとすぐ足が痛くなりますよね…

足が未発達な赤ちゃんは靴の影響を受けやすいため、より慎重に靴を選ぶ必要があります。

今回おすすめした3つのシューズは、どれも赤ちゃんの足をしっかり支えてくれるものばかり。

「ファーストシューズ、たくさんあってどれにすればいいかわからない…」という方の参考になればうれしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる